FC2ブログ
7月のアロマレッスンに行きました(*^_^*)

気候と病気の関係について勉強しました。
夏は、循環器系の心臓に負担がかかる季節です。
また暑さで肝臓の働きも弱ります。
紫外線に敏感になり皮膚、湿疹など肌の炎症を起こしやすくなります。
アロマのお風呂にゆっくりと浸かることが夏のトラブルの解消につながります。

                 2014-07-20 001

実習をしました。
今回は自分でテーマを決めてバスフィズを作りました。
夏らしいすっきりとするバスフィズをテーマに精油を選びました。
私が選んだのは、ペパーミント、ベルガモットミント、ティートリーです。

ペパーミントは、強壮目的、痛みの緩和、冷却効果があり
ベルガモットミントも同じく強壮作用があり、消化促進、肝臓、膵臓強壮作用にも
効果が高いです。
どちらも精神安定作用がとても高いです。
ティートリーは、夏の季節にはかかせない抗菌、抗真菌効果の高い精油なので
必ず使いたいです。
作った時と数日置いた時とは、香りも違ってきてしばらく時間を置くと
とてもスッキリと清涼感のある香りのバスフィズになりました。
2014.07.20 / Top↑