FC2ブログ
2012-06-03 248
今月は、風邪予防、乾燥肌予防を目的とするバスオイルを作りました。

だんだんと寒さが厳しい季節になってきました。

寒さは循環器系に影響を与え心臓に負担がかかります。
また水液代謝や内分泌系に関わる腎臓にも負担がかかります。

体の保温を心がけて乾燥に注意することが大切です。
肌ケア、風邪予防どちらにも効果のある精油を選びました。

ローズウッドは、抗菌、抗ウイルス作用の効果の高くまたαーテルピネオールという
成分により
乾燥からくる湿疹、乾燥肌のケアをしますのでこの季節のバスオイルには最適です。

ゼラニウムエジプトが持っているエステル類の作用で鎮静、抗炎症作用があるので
肌トラブルの軽減につながります。
また抗菌、抗真菌作用の効果も大いに期待できます。
ローズウッド、ゼラニウムエジプトどちらも神経強壮作用、自律神経を調整する作用がありますので
リラクゼーション効果があります。

冬に入ると必ずティートリーは使いましょう。
精油の中でも幅広いウイルス感染予防があり、抗菌、抗ウイルス作用が強いのが
特徴です。
また強壮作用がありますので免疫向上の働きがあります。
免疫力を上げることで風邪予防でき、肌トラブル予防につながります。

富田ケアセンターを利用してくださることで元気になっていただきたいと
思っております。
2014.11.16 / Top↑