FC2ブログ
夏の季節に入っていきます。
汗をかきますが、それと共に気も消耗しますので疲れやすくなります。

循環器系の「心」に負担がかかりますし、紫外線で皮膚が敏感になり
暑さで肝臓に働きも弱まります。

水分不足に気をつけないといけませんが、冷房のかかった部屋で過ごす時間も
増えるのでできるだけ温かい飲み物をとることをオススメします。

外と室内の温度差で体に負担がかかりますので
そんなときこそアロマのバスオイルの入ったおふろにゆっくりと浸かることを
オススメします。

今月は、水虫などによる皮膚トラブルの予防、リラックス効果のあるバスオイルを
作ります。

水虫予防、皮膚トラブル予防にユーカリレモンとゼラニウムエジプトを
選びました。
どちらも抗菌作用、抗真菌作用のあるモノテルペンアルコール類を
含んでおり免疫調整作用、神経強壮作用もありますのでリラックス効果は
大きいと思います。

そして抗菌作用の強いティートリーを加えることで一層効果も
強くなりますし、どの精油にも抗炎症作用がありますから炎症を抑えて
くれます。
ゼラニウムエジプトには、肝臓の不調を整える働きがありますし
ユーカリレモンにもティートリーにも胃腸の働きを整える作用があるので
内臓不調の改善に期待できます。
夏の季節、冷房による冷えには気をつけていただくためにも
湯船に浸かり、体の芯を温めるようにしてください。
2015.07.05 / Top↑