FC2ブログ
2012-06-03 458

新年度が始まりました。

季節の変わり目は、心身ともに不調が出やすい時です。
自律神経が乱れやすい時です。
交感神経、副交感神経のバランスを整えることが大切です。
今月も精神面の安定、またアレルギー症状の予防と緩和を
目的としたバスオイルを作りました。

精油は、マジョラム・ベルガモット・ラベンダーレイドバンを使います。

マジョラムは、4月に向いている優秀な精油です。
自律神経のバランスを保つ作用また抗炎症作用
鎮静作用、鎮痛作用の効果が高いので
花粉症による様々な不快な症状を緩和する働きを持っています。
例えば鼻炎、気管支炎、咳です。
また自律神経を調整するモノテルペンアルコール類の
テルピネンー4-OLの働きにより
ストレス、不安症、神経疲労、うつ病などに効果が期待できます。

ベルガモットには、エステル類を多く含んでいますので
不眠症、神経障害などに効果があります。
うつ病、ストレスに効果大です。
抗菌作用、抗ウイルス作用はもちろんのこと去たん作用もあります。
一番の特徴は高い鎮静効果です。
柑橘系の香りですので気分をリフレッシュすることが出来ると思います。

ラベンダーレイドバンもこの季節にオススメです。
鎮静作用、鎮痛作用のあるエステル類と鎮静作用のあるリナロールを
主成分とするので、精神的、肉体的なリラックス効果があり
ストレス、不眠症、神経過敏症などの改善に期待できます。
また炎症を抑える働きもありますので、花粉症やアレルギー症状の
緩和にも効果があります。
ほのかなラベンダーの香りがするやわらかな香りですので
この3つの精油を合わせて相乗効果で
季節の変わり目の不快症状が少しでも和らぐことが
できればと思います。

2016.04.03 / Top↑