FC2ブログ
2012-06-03 517

梅雨の時期に入りました。
気温が高い時もあります。加えて多湿は、皮膚疾患を悪化させます。
水虫、アレルギー性皮膚炎など注意が必要です。

雨の時期が長くなると気分的にも無気力になったり
体もだるくなります。
体の負担にならない程度にゆっくりとバスオイルの入ったお風呂に浸かり
気分もリフレッシュしていただける精油を選びました。

今月は精神安定と梅雨による肌トラブル
水虫予防などの効果を目的とします。

精油 ラベンダーレイドバン
    ローズウッド
    ゼラニウムエジプト
    テーィートリー

今月選びました精油すべてに抗真菌作用がありますので
水虫予防に効果が期待できます。
そしてモノテルペンアルコール類をこれらの精油は含んでいますので
神経強壮作用、抗炎症作用、鎮静作用、鎮痛作用、疲労回復作用などが
主な働きをしますので、肌にも精神面でも大きな良い効果をもたらします。

ラベンダーレイドバンは、特に無気力症の改善に役立ちます。
ストレス、不眠症の改善にも効果があります。

ローズウッドは、バスオイルにとても向いています。
皮膚全般のトラブルの改善、神経安定、香りもバラに似た香りで
優美な気持ちになります。

ゼラニウムエジプトもローズウッド同様、皮膚トラブルの改善に
良い働きをする代表的な精油です。
また神経バランスの回復にもよく、抗メランコリック作用があるので
この時期に合うと思います。

梅雨に時期に必ず使いたい精油は、ティートリーです。
神経強壮作用により活力が出て、また抗菌、抗真菌作用が
とても高いので水虫予防によく、鎮痛作用の効果もあるので
足の疲れ、浮腫にも効果があります。

バスオイルを使用することでスッキリとした気分で生活できる
お手伝いができればと思います。
2016.06.13 / Top↑