FC2ブログ
2012-06-03 282
 12月に入り、インフルエンザの流行に注意が必要になります。
寒さは心臓に負担がかかり腎を傷めやすいので、身体の保湿を
心がけ、乾燥に注意して抵抗力をつけるようにします。
 今月の精油
      ラベンダーレイドバン
      ラベンダースピカ
      ティートリー 
      ラベンダーアングスティフォリア

ラベンダーレイドバンは、アングスティフォリア種とスピカ種の交配品種です。
鎮静作用と鎮痛作用があるので精神的、肉体的なリラックス効果があります。
この時期の寒さによる肩こり、関節炎、ひきつれに効果があります。

ラベンダースピカとラベンダーアングスティフォリアと一緒に
使用することで良い働きをもたらせます。
スピカにもアングスティフォリアにも抗菌、抗ウイルス作用が高く
風邪、インフルエンザ予防に効果がありますし、アングスティフォリアの作用で
乾燥による肌トラブルの解消につながりますしスピカの主要成分である
酸化物類とケトン類の働きで、去痰作用、免疫調整作用、粘液溶解作用で
風邪による様々な不調の軽減の働きをします。

これらの精油に抗菌、抗ウイルス作用のとても高いティートリーを加えると
相乗効果でこの時期にふさわしいバスオイルになり
利用者さんの快適な生活のお手伝いができると思いますので
身体の負担にならないご自身のペースで入浴され
血行もよくなり気持ちの良いひとときを過ごしていただけたらと願います。
2016.12.03 / Top↑