FC2ブログ

今月はあせもなどの皮膚トラブル、水虫予防効果を目的としたバスオイルを作ります。
夏に入り汗をかく季節になりました。 
室外と冷房を使う室内との温度の差は高齢者の方々には体の負担になり、自律神経のバランスが乱れがちになります。
あせもや床ずれなどの皮膚トラブルの解消、水虫予防のある精油、また神経のバランスを保ち、抗菌、抗真菌作用のある精油を選びました。
今月の精油
    ラベンダーアングスティフォリア
    ラベンダースピカ
    ゼラニウムエジプト
    ティートリー
ラベンダーアングスティフォリアは乳幼児から高齢者にも安心して処方できる精油のひとつです。エステル類の肌の炎症を抑える働き、モノテルペンアルコール類の抗菌、抗真菌作用でこの季節にはとても向いています。精神的にもすぐれたリラックス効果があります。
ラベンダースピカにも抗菌作用のあるモノテルペンアルコール類、酸化物類の抗炎症効果があり、各種感染予防効果、抗菌作用がありますので、肌にはとても良い効果をもたらせます。湿疹、床ずれ、水虫、虫さされ、乾燥性湿疹などバスオイルに加えることで良い働きをします。
ゼラニウムエジプトにも抗炎症作用があるのはもちろんのこと抗菌、抗真菌作用もありまた自律神経を調整する働きを持っているのでリラクゼーション効果が期待できます。
夏には必ず使いたいティートリーにも高い抗菌、抗真菌作用があり、広範囲の感染症に幅広く効果が期待できますし、強壮作用もあるので免疫力向上になります。
これらの精油をバランスよく配合し好まれる香りのバスオイルにして気持ちよく入浴していただければと思います。
2017.07.08 / Top↑