FC2ブログ
12月に入り一段と寒さも厳しくなりストレスになってくると思います。またインフルエンザの流行期に入りますので11月に引き続き身体の保温に心がけ乾燥に注意して抵抗力をつけていただきたいと思います。
そして皮膚は体で最も感染防止の器官ですから体内に細菌が侵入するのを防いでくれますので保湿にも心がけていただきたいと思います。
血流を良くして抗ウイルス作用の効果が高くまた肌ケアにも良い精油を選びました。
精油は、ラベンダーレイドバン、レモン、ベルガモットを選びました。
ラベンダーレイドバンはラベンダーアングスティフォリア種とラベンダースピカ種の交配品種です。鎮静作用、鎮痛作用があるのでリラックス効果が高く寒さによる肩こり、関節炎、ひきつれにも効果があり、肌の炎症を抑える働きもありもちろん抗ウイルス、抗菌作用もあり免疫調整になります。優秀な精油です。
ベルガモットが持つモノテルペン炭化水素類、モノテルペンアルコール類の作用は、抗菌作用、抗ウイルス作用はもちろんのこと強壮作用が特徴で免疫調整作用も高いので冬にはオススメの精油です。
レモンは、高い抗菌、抗ウイルス作用もありますし、空気浄化作用もあります。モノテルペン炭化水素類の働きで血流を良くする効果が期待できます。香りも親しみやすくとてもリフレッシュできる精油です。
ベルガモット、レモンの柑橘系の香り、ラベンダーレイドバンの甘い香りとを合わせることでより気持ちよく香りを感じることができると思います。
体にご負担のかからない程度にゆっくりと入浴していただき少しでも元気になれるお手伝いができればと思います。
2017.12.10 / Top↑