FC2ブログ
四月は気温差が大きく季節の変わり目でもあり自律神経が乱れやすい季節です。神経のバランスを整えることまた花粉症で悩まれる季節ですのでその予防と緩和、アレルギー症状の悪化を軽減できる効果のある精油を選びました。
精油は、ユーカリラディアタ、ベルガモット、ローズウッドです。
花粉症予防と緩和、風邪の症状の緩和にはユーカリラディアタをオススメします。抗カタル作用の効果が高く、体内の過剰になった粘膜、痰や鼻水、鼻づまりを溶かし出して体外へ排出してくれますので去痰作用、鎮咳作用、副鼻腔炎、気管支炎などに良い効果を発揮してしますが、少し癖のある香りですので他の精油と合わせて落ち着く香りにする為にベルガモットとローズウッドを選びました。ベルガモットには抗炎症作用、鎮静作用のあるモノテルペン炭化水素類、エステル類と含まれている為ストレス、不眠症に効果があり気分をリフレッシュさせてくれますし、もちろん抗ウイルス、抗菌作用も効果が高いです。ローズウッドは、肌にも精神面にもよく、酸化物類の成分も含んでいますので、去痰作用、抗カタル作用、抗ウイルス、免疫調整作用があり、この精油の特徴として抗菌作用、神経強壮作用、抗炎症作用、疲労回復作用と優秀ですので、バスオイルにはとてもいい精油です。香りも薔薇を連想させるような甘く落ち着いた香りですのでこれらの精油をバランスよく配合し、いい香りのするお風呂の中でリラックスしていただき不調箇所の改善に繋がればと思います。
2018.04.08 / Top↑