FC2ブログ
5月は精神バランスが乱れがちになる時期です。自律神経のバランスをよくし気持ちがスッキリと落ち着きリフレッシュできまた花粉症予防にもなる精油を選びました。
今月のテーマは気分が落ち着く香り、花粉症予防を目的としたバスオイルです。
精油  ラベンダースーパー、ラベンダーアングスティフォリア、ローズウッド、ベルガモットです。
精神面、肉体面どちらにもよい効果をもたらすラベンダーアングスティフォリアは万能な精油です。エステル類の働きにより肌の炎症、花粉症の症状を抑える働きを持ち鎮静作用がありますので、ストレス、不安症、不眠症、心配症などに効果が期待できるリラックス効果の高い精油です。
スッキリと清涼感のある香りのラベンダースーパーも鎮静作用、鎮痛作用の効果が高くエステル類の神経バランス回復作用、抗炎症作用、モノテルペンアルコール類の抗菌、抗真菌作用、抗不安作用、ケトン類の働きによる粘液溶解作用、去痰作用がありますのでこの季節にはオススメです。
ローズウッドを加えることでさらに気持ちをリラックスさせ落ち着かせる効果が大きくなります。鎮静作用、抗不安作用があります。香りも良く他の精油との香りの相性もいいです。
ベルガモットの柑橘系の香りを加えることでさらに香りが良くなりリラックス効果が増します。不眠症、ストレスに効果があり、抗菌、抗ウイルス作用もあります。精神安定作用がとても高いのでこの季節にオススメです。
リラクゼーション効果が高くまた花粉症などのアレルギー症状の緩和にも期待が高いバスオイルのお風呂に入っていただき少しでも活力を与たえ気分もスッキリとされたらと思います。
2018.05.03 / Top↑