FC2ブログ
今月は、夏の疲れを取り、皮膚トラブル予防、体臭予防効果を目的としたバスオイルです。

9月と言ってもまだまだ暑い日が続きます。夏バテになりやすい時期ですし、空気が乾燥していますので呼吸器系の免疫力が落ちやすい時です。入浴することで血行を促進させ暑さからくる疲れを取りまた冷房からくる不調の改善、水虫などの皮膚トラブル予防、体臭予防効果で気持ちも身体もスッキリとリフレッシュできる精油を選びました。レモンは抗菌作用、血液流動化作用、抗炎症作用、鎮静作用、去痰作用などの効果がありまた親しみやすい香りで体臭予防にも効果があります。夏の疲れを取るにはオススメの精油です。ティートリーは必ず使いましょう。抗菌、抗真菌、抗ウイルス作用の効果が高い精油です。また神経強壮作用、免疫向上作用がありますので呼吸器系、内臓系、皮膚トラブルなど多方面の不調に効果をもたらせます。マツ科のブラックスプルースはスッキリとした木の香りのする精油です。モノテルペン炭化水素類、エステル類に共通して抗炎症作用がありますので様々な炎症を抑える効果がありますし、強壮作用がありますので疲労回復にも効果があり抗ウイルス作用、抗菌作用また鬱滞除去作用の効果でむくみにも期待できます。ユーカリレモンの香りも清涼感があるスッキリとした香りですのでこれらの精油を合わせることで体臭予防にとても効果があると思います。また皮膚トラブル解消、肩こり、関節炎、神経痛などの痛みの緩和にも効果を発揮します。抗炎症作用、鎮静作用、鎮痛作用、血圧降下作用、抗菌抗ウイルス、抗真菌作用が主な働きですのでこの季節には使いたい精油です。


これらの精油を合わせたバスオイルでリラックスしていただきたいと思います。

2018.09.02 / Top↑