FC2ブログ
梅雨の時期は気温差また湿度の差が日によって違いがある為に体調を崩しやすく、それに伴い気分も不安定になりがちですし、皮膚トラブルも悪化させます。
また筋肉、関節にも不調が現れやすく、関節痛、リウマチ、こむら返りに注意が必要です。皮膚トラブル、水虫とかの症状の軽減、気分をリフレッシュし、体の不調も少なくなることをテーマに精油を選びました。
精油 ユーカリレモン、ティートリー、ゼラニウムエジプト、マジョラム
ユーカリレモンは抗炎症作用の高い効果が期待できる精油です。抗菌、抗真菌作用、鎮静作用がありますからこの時期にはオススメです。ティートリーは必ず使いたい精油です。抗菌、抗真菌作用、広範囲の感染症に幅広く効果が期待でき、殺菌効果もあるし、神経の強壮作用がありますから活力がでます。ゼラニウムエジプトもこの季節には使いたい精油です。肌トラブルに良い効果をもたらせます。モノテルペンアルコール類、エステル類を含んでいますので抗菌、抗真菌作用、抗炎症作用、鎮静作用がありまた自律神経のバランスをとってくれますのでリラクゼーション効果があります。マジョラムの持つモノテルペン炭化水素類には抗炎症作用、抗ウイルス、抗菌作用がありますので各種の感染症に対して効果が期待できます。モノテルペンアルコール類の副交感神経強壮作用があるので神経的要因で起きるトラブルや高血圧症などに効果があり、抗炎症作用、鎮痛作用もありますから神経痛、関節痛、炎症を伴う痛みの軽減に効果が期待できる優秀な精油です。これらの精油をバランスよく配合しいい香りのバスオイルで入浴されることで少しでも不調が改善されてリラックス、リフレッシュしていただけたらと思います。
2018.06.06 / Top↑
5月は精神バランスが乱れがちになる時期です。自律神経のバランスをよくし気持ちがスッキリと落ち着きリフレッシュできまた花粉症予防にもなる精油を選びました。
今月のテーマは気分が落ち着く香り、花粉症予防を目的としたバスオイルです。
精油  ラベンダースーパー、ラベンダーアングスティフォリア、ローズウッド、ベルガモットです。
精神面、肉体面どちらにもよい効果をもたらすラベンダーアングスティフォリアは万能な精油です。エステル類の働きにより肌の炎症、花粉症の症状を抑える働きを持ち鎮静作用がありますので、ストレス、不安症、不眠症、心配症などに効果が期待できるリラックス効果の高い精油です。
スッキリと清涼感のある香りのラベンダースーパーも鎮静作用、鎮痛作用の効果が高くエステル類の神経バランス回復作用、抗炎症作用、モノテルペンアルコール類の抗菌、抗真菌作用、抗不安作用、ケトン類の働きによる粘液溶解作用、去痰作用がありますのでこの季節にはオススメです。
ローズウッドを加えることでさらに気持ちをリラックスさせ落ち着かせる効果が大きくなります。鎮静作用、抗不安作用があります。香りも良く他の精油との香りの相性もいいです。
ベルガモットの柑橘系の香りを加えることでさらに香りが良くなりリラックス効果が増します。不眠症、ストレスに効果があり、抗菌、抗ウイルス作用もあります。精神安定作用がとても高いのでこの季節にオススメです。
リラクゼーション効果が高くまた花粉症などのアレルギー症状の緩和にも期待が高いバスオイルのお風呂に入っていただき少しでも活力を与たえ気分もスッキリとされたらと思います。
2018.05.03 / Top↑
四月は気温差が大きく季節の変わり目でもあり自律神経が乱れやすい季節です。神経のバランスを整えることまた花粉症で悩まれる季節ですのでその予防と緩和、アレルギー症状の悪化を軽減できる効果のある精油を選びました。
精油は、ユーカリラディアタ、ベルガモット、ローズウッドです。
花粉症予防と緩和、風邪の症状の緩和にはユーカリラディアタをオススメします。抗カタル作用の効果が高く、体内の過剰になった粘膜、痰や鼻水、鼻づまりを溶かし出して体外へ排出してくれますので去痰作用、鎮咳作用、副鼻腔炎、気管支炎などに良い効果を発揮してしますが、少し癖のある香りですので他の精油と合わせて落ち着く香りにする為にベルガモットとローズウッドを選びました。ベルガモットには抗炎症作用、鎮静作用のあるモノテルペン炭化水素類、エステル類と含まれている為ストレス、不眠症に効果があり気分をリフレッシュさせてくれますし、もちろん抗ウイルス、抗菌作用も効果が高いです。ローズウッドは、肌にも精神面にもよく、酸化物類の成分も含んでいますので、去痰作用、抗カタル作用、抗ウイルス、免疫調整作用があり、この精油の特徴として抗菌作用、神経強壮作用、抗炎症作用、疲労回復作用と優秀ですので、バスオイルにはとてもいい精油です。香りも薔薇を連想させるような甘く落ち着いた香りですのでこれらの精油をバランスよく配合し、いい香りのするお風呂の中でリラックスしていただき不調箇所の改善に繋がればと思います。
2018.04.08 / Top↑
3月は気温の変化がはげしい時期ですので高血圧や心臓疾患に注意してください。また血液浄化作用も弱まりますのでアレルギー疾患にも注意が必要ですし、インフルエンザもまだまだ流行る時期ですので保湿、保温を心がけていただきたいと思います。
3月はインフルエンザ予防、保温効果、乾燥による皮膚トラブルの予防、花粉症などアレルギー症状の緩和を目的としたバスオイルを作ります。
ラベンダーアングスティフォリア、マジョラム、リトセア、オレンジビターの精油を使います。
ラベンダーアングスティフォリアは万能精油と言っても過言ではないほど多くの不調な症状に良い効果をもたらします。主な成分であるエステル類、モノテルペンアルコール類により鎮静作用、抗炎症作用、血圧降下作用が、抗感染作用があり、精神をリラックスかつ安定させる効果のある精油です。
マジョラムも鎮静作用が大きく働き血圧降下作用、血管拡張作用、抗菌作用があり、自律神経調整により、咳、喘息、高血圧、心臓機能の低下予防また改善の働きをしますので3月にオススメの精油です。
同じく花粉症、アレルギー疾患、精神バランスの改善にリトセアは良い働きをします。主要成分となるテルピン系アルデヒド類の働きにより、鎮静作用、鎮痛作用、抗炎症作用、高血圧予防の効果が期待されます。オレンジの果皮から抽出されたオレンジビターには鎮痛作用、鎮静作用、神経強壮作用、血液流動促進作用があり保温効果に優れています。これらの精油を合わせて香りの良いバスオイルになり、3月を乗り切っていただきたいと思います。
2018.03.04 / Top↑